高麗手指鍼とは

↑↑↑『男性不妊症・ED治療にも高い効果を発揮する
「内臓疾患に強い高麗手指鍼」について』
ますぎ鍼灸院YouTubeチャンネル

高麗手指鍼(こうらいしゅししん)をご存知の方は少ないのではないかと思いますので高麗手指鍼について詳しくご紹介していきます。

1.高麗手指鍼とは

高麗手指鍼とは、1975年に韓国の柳泰佑(ユー・テーウ)先生(現高麗手指鍼療法学会会長)が創始したものです。韓国では瑞金療法とも呼ばれています。


※図は柳泰佑『瑞金療法 相応図』より

高麗手指鍼は、手掌・手背(甲)に全身すべての部位や内臓、14の経絡、345の経穴が縮図化して存在しています。

上の『瑞金療法 相応図』にあるように右手の場合、中指が頭から背骨、人差し指が左腕、親指が左足、薬指が右手、小指が右足です。

目・鼻・口・耳といった感覚器や心臓・腎臓・肺といった内臓も手のひらに含まれています。

体に対応する手指に刺鍼するのは「相応点治療」といい、高麗手指鍼の最も特徴的な治療法です。

内臓疾患の場合、心臓や腎臓などの臓器に鍼を刺すわけにはいきませんよね。

相応点治療なら手のひらにある心臓や腎臓などの臓器の対応部位に鍼を刺すことにより臓器そのものに刺激を伝えることができ、機能低下している臓器の働きを改善することができます。

相応点治療と似たような考え方で、足つぼ・耳鍼があり、足や耳に全身が縮図として表れています。

ただし、足つぼ・耳鍼は経絡治療がないのと相応点への刺激量の差により、高麗手指鍼の効果とは雲泥の差が生じてしまいます。

※図は柳泰佑『高麗手指鍼講座』より

経絡(気の流れ)・経穴(ツボ)も縮図として『高麗手指鍼講座』の上図のように配置されていて「経絡治療」ができます。

経絡は、正中線の前に1本と後ろに1本、内臓に対応する12本の計14本の気(エネルギー)の流れです。

この12経絡の気が強すぎたり弱すぎたりしたときにバランスを崩した内臓に異常が起こります。

経絡治療とは、症状に関連する経絡を調べて気のバランスを崩した状態を把握し、調整して本来の健康な状態に戻します。

この2つの「経絡治療」と「相応点治療」に手指鍼専用器具で刺激を与えることによって、足し算ではなく掛け算の効果「相乗効果」を発揮するのが高麗手指鍼です。

男性不妊症・EDの症状に対しては、手掌側の手首近くにある「生殖器・外生殖器」の相応点治療と、「腎臓・肝臓・膀胱など」の経絡治療をすることで「相乗効果」を発揮していきます!

また、当院オリジナルの施術計画を用いて、どこに行っても改善しなかった男性不妊症・ED治療を行います。

2.内臓疾患に強い高麗手指鍼

内臓疾患に抜群の効果を発揮する高麗手指鍼の実例をご紹介いたします。

私が高麗手指鍼を習った小松隆央先生をご紹介します。小松先生は腎臓病患者を500人以上治療しており、高麗手指鍼と食事指導・生活指導を合わせて腎機能に関する検査数値を改善しています。

鍼灸師で腎臓病に対してこれだけの症例数をこなしている人はおらず、全国から腎臓病患者が訪れています。

なぜ腎機能に関する数値の改善ができるのでしょうか?

これは「経絡治療」「相応点治療」の『相乗効果』がもたらす高麗手指鍼の効果が非常に高いからという理由に尽きると思います。

また、高麗手指鍼は他の流派の鍼よりもシステムがシンプルで再現性が高いため、超天才の先生1人のみができる鍼治療ではないという点も大きな強みです。

本来、鍼灸は内臓疾患はあまり得意ではありません。一般的な鍼灸治療の場合、経絡治療のみで主に治療が行われます。

経絡治療は診断が難しく、正しく治療ができていたとしても気の調整からのアプローチだけで、内臓そのものに鍼を打って刺激を与えることはできません。

高麗手指鍼は

・経絡治療がシステマチックで再現性が高い

・相応点治療で内臓に直結する刺激を伝えることができる

経絡治療と相応点治療が『相乗効果』となり、一般的な鍼治療よりも内臓に大きな効果を発揮できます!

『腎臓病との闘い方、お教えします。 正しい知識と少しの意志で、透析回避・先延ばしへの道は拓ける』小松先生が2018年9月18日に出版されました。

 こまつ鍼灸院は腎臓病と頚椎症の患者さんで満員なので、不妊症の治療はしていませんのでご注意ください。

最後に

当院は、この内臓疾患に強い高麗手指鍼を男性不妊症とEDの症状に特化させた鍼灸院です。

既存の治療法で効果が出なかった場合でも高麗手指鍼による男性不妊症・ED治療なら新しい可能性を提供できると思っています。

 

  お問い合わせはこちら  

関連記事

  1. 元気な精子を作るためにココに注意!

  2. ストレスからくる男性不妊症・EDにはアミノ酸とビタミン

  3. ますぎ鍼灸院|男性不妊症専門|新宿区神楽坂 内臓疾患

    手のツボにお灸を使ってセルフケア(動画複数あり)

  4. 無精子症:無精子症に対する鍼灸の考えとは

  5. 経営理念について

  6. ますぎ鍼灸院|男性不妊症専門|新宿区神楽坂 アルコール

    アルコールと精子の関係の検証 シリーズ①

PAGE TOP