乏精子症:精子数を増やすには

 

動画はコチラをクリック

「乏精子症」は造精機能障害の1つです。

どんな症状か?

1回の射精で総精子数が3900万個未満

または

1㎖中に1500万個未満

症状が重くなると?

1500万個以下:人工授精
300万個以下:体外受精
100万個以下:顕微授精

体外受精・顕微受精
リスクは?

多胎(たたい)妊娠:二人以上を身ごもる
流産・早産の可能性が高い

男性不妊が遺伝する可能性もある
とも言われています。

原因は?

加齢・アルコール・タバコ
食生活(飽和脂肪酸)
ストレス・活性酸素など

治療法は?

抗酸化療法:酸化ストレスが精子形成に
悪影響を与えるから。

ホルモン療法:
精巣内のテストステロンを増やして造精機能をアップ

ますぎ鍼灸院の方針

精子形成期の内臓を元気にする鍼治療で
元気な精子をたくさん育てる。

自己治療の結果

総精子数(2019年)
2/22:2億1671万
3/25:2億2040万

4/26:3億9228万
5/24:3億6709万

2カ月で総精子量が4億個に

何をしたのか?

高麗手指鍼
手のひらに内臓のツボがあって
特殊な専用の小さい鍼で治療

  

なぜ2カ月後に効果が?

精子ができるまでに74日かかる

現在の精子の状態は
精子ができるまでの
身体の状態が大事です。

 

乏精子症の精子を増やすために
精子形成期の内臓を元気にする
鍼灸術を行っています。

 

現在、キャンペーンを行っています。
治療ご希望の方はぜひ覗いてみてください!

キャンペーンはコチラをクリック

関連記事

  1. 元気な精子を作るためにココに注意!

  2. ますぎ鍼灸院|男性不妊症専門|新宿区神楽坂 定着期

    施術計画について

  3. 精子無力症:精子運動率を上げるためには

  4. 奇形精子症:奇形精子を減らして正常精子を増やすには

  5. 2カ月で総精子量が1.81倍の約4億個に

  6. 男性側の妊娠率を高めるには〇〇日置きにする

PAGE TOP