無精子症の割合は結構多い


男性の100人に1人
男性不妊症の男性の10人に1人
の割合でみられる

無精子症は2通り


 

閉塞性無精子症
薬では治らない。可能ならば精路再建術。再建不能なら精巣精子採取術+顕微授精。

非閉塞性無精子症
わずかだが精子が造られている可能性がある。精巣精子採取術+顕微授精。

 

精巣精子採取術(マイクロテセ)とは


精巣を切り開き状態の良さそうな精細管を採取。その中から精子を見つけ出す手術。

・ただし精子が見つかる確率は40%
・確率が高いのは最初の1回目のみ
(1回精巣を切ると癒着が激しくなる)
一番いい状態でできるのは1回目

精子が見つかれば、顕微受精を行う。

原因不明の場合


現在の技術では、方法がない。

ますぎ鍼灸院の方針


当院は特殊な「手のはり」高麗手指鍼で施術を行っています。

高麗手指鍼には他にはない「視床下部」「脳下垂体」「睾丸」のツボが手にはあります。

これらの他に全内臓のツボ、正経12経絡、奇経八脈、五悪などあらゆる方向からアプローチができます。

無精子症は、私の今後一生かけてのテーマだと考えています。

無精子症患者様をほとんど施術したことがなく改善例はありませんが、他に手立てがなく高麗手指鍼にかけてみたいという方がいらっしゃいましたら、ご相談ください。

PAGE TOP