「精子の運動率が低いです」というお悩みで来院される方は多いです。

運動率40%未満や50%未満
高速直進精子25%未満
前進運動率32%未満

この条件に当てはまると「精子無力症」

さらに

運動率5%未満→「死滅精子症」

これらの基準を満たしていない場合、精子の運動率に問題があると言われています。

精子の運動率を上げるためはどうしたら良いでしょうか?

禁酒、禁煙をする?
下着をトランクスに変える?
サウナには入らない?
自転車には乗らないようにする?
アーモンドを食べる?
亜鉛のサプリメントを飲む?
タンパク質を多く食べる?
青魚の脂を食べる?
抗酸化サプリメントを飲む?
ジムで筋トレをする?

色々と対策はありますよね。

これらの生活習慣の改善で運動率が良くなった方は多くいらっしゃいます。しかし、何をしても運動率が良くならずお困りの方もいらっしゃいませんか?

そんなお困りの方は私にお任せください!

ますぎ鍼灸院の「手のはり」について

ますぎ鍼灸院では、当院でしか受けられない「特殊な手のはり・高麗手指鍼」で精子の運動率を引き上げています。

当院の手のはりは「手の反射区」と「経絡調整」を合わせることで今までにない効果を発揮しています。

手の反射区について

手には「脳、内臓、生殖器」など精子の運動率を上げるためのツボ(反射区)があります。

脳の視床下部や下垂体からは男性ホルモンの分泌をしなさいと指令が出ます。

その指令を睾丸(生殖器)が受け取るとテストステロンを作り、精子を形成します。

内臓は腎臓が特に精力と関係します。また、膵臓の働きが弱まり血糖値が高くなっている場合、血管が詰まり生殖器の血流が悪くなり精子の形成を邪魔したり、精力が減退(ED)したりします。

これらの一つ一つが正常に機能して妊娠できる健康な体になります

ますぎ鍼灸院では、毎回の施術で体全体を調べて、その日その時の状態に合わせて鍼で最適化していきます。

経絡について

経絡(気の流れ)を調整して、精子の運動率をさらに高めていきます。

経絡や気の話は少し難しいのですが、できるだけわかりやすく説明します。

肝臓、心臓、膵臓、肺、腎臓
胆のう、小腸、胃、大腸、膀胱

に経絡(気の流れ)が繋がっています。

各内臓で気のエネルギー量が

・多過ぎる時は  炎症している
・少な過ぎる時は 機能低下している

という事です。

・多過ぎる場合は気のエネルギーを下げる(瀉法)

・少な過ぎる場合は気のエネルギーを上げる(補法)

で各内臓が働きやすい状態にします。

精子の運動率が低い場合、「腎虚」という腎臓のエネルギーが少な過ぎる状態になっている事が多いです。

腎臓の補法でエネルギーを高め働きやすい状態に戻して、腎臓や生殖器の反射区に鍼をすると相乗効果で精子の運動率に働きかけます

このような反射区と経絡を合わせて施術することで、今までにない結果を残してきています。

・直進運動率が21倍(3.3%→69.3%)になった方

・運動率が75.2%になって体外受精が1回で成功した方

などいらっしゃいます。

総精子数と運動率が21倍に回復された動画

どこに行っても何をしても精子の運動率が良くならないという方は、ご相談ください。

ただいま、初回割引キャンペーンを行なっています。お得になりますので、こちらをご覧ください。

キャンペーンはコチラをクリック

PAGE TOP