半年で誰にでも習得できて専門症状で独立開業できる鍼治療を教えます

内臓疾患、難病など他院と異なる専門症状で
卒業以来何年も鍼に触れていなくても
半年で達人レベルの治療技術に興味はありますか?

「ホントに!?そんなうまい話があるはずない!今まで何百万円もかけて色んな勉強会に出てるけど鍼灸はそんな甘い世界じゃないよ」

「他院と被らない専門症状の鍼治療なんて存在するならみんなとっくにやってるよ」

「何年も勉強してるけど内臓疾患や難病を治療できる鍼が半年でマスターできるなんてありえないでしょ」

あなたがそうおっしゃるのも無理はありません。実は私も以前はそう思っていました。

「いろんな勉強会に行ったけど、最初の診断から難しすぎるし、講師の先生の神業なんて同じ場所に刺してるのに真似できない!自分なりに頑張ってるけど鍼灸の道は果てしなく険しいなぁ」

と落ち込む日もありました。

しかし、今の私の頭の中に「鍼灸の道は果てしなく険しい」という考えは一切ありません。

ある鍼治療がきっかけで、鍼灸は難しいという先入観は、私の頭の中から消え去ったのです。

一つの鍼が自分自身の考え方を180度変えてしまいました。

そして今は自信を持って、その鍼治療だけを使って、専門症状の治療院を安定して経営できるようになりました。

これまで何度も理想の治療と現実の自分とのギャップに悔しい思いをしてきた、そんなあなたにとって、この「高麗手指鍼」が救世主となることでしょう。

高麗手指鍼とは


1975年に韓国の柳泰佑(ユー・テーウ)氏(現高麗手指鍼療法学会会長)が創案されたものです。
日本では、東京都練馬区の小松隆央氏(こまつ鍼灸院院長)が腎臓病・頸椎症を中心に内臓疾患や難病を持つ多くの方を治療されています。

2020年度までは、こまつ鍼灸院で高麗手指鍼のセミナーが開催されていました。現在、こまつ鍼灸院は予約が常に1ヶ月先まで埋まっており、日本全国だけでなく海外からも多くの患者さんが来院されています。

「残りの人生は今以上に治療に専念するため、後進にセミナーを引き継ぎたい」との申し出を小松先生からいただき、本年度より、真杉・高橋がセミナーを主催することになりました。

高麗手指鍼はこんな方におすすめ


✓ 内臓疾患や難病治療をしたい
✓ 専門症状で治療院経営したい
✓ 他院との差別化をしたい
✓ 幅広い症状を治せるようになりたい
✓ 講師と同じ治療効果を出したい
✓ マッサージでなく鍼で開業したい
✓ 専門分野でトップになりたい

高麗手指鍼の最大の特徴


・手指にある内臓に対応する相応点治療
・臓腑の補瀉による気脈治療

を組み合わせることにより内臓疾患や難病に対応できる点です。

相応点治療、臓腑気脈の虚実診断・補瀉治療は習ったその日から簡単にできる完成されたシステムがすでにできあがっています。

システムが簡単なので、韓国では一般の方も含め民間療法として約300万人が利用していました。

「短期間で誰にでも習得できて専門症状で独立開業ができる鍼治療を学んでみたい!」

という方からのお申し込みをお待ちしております。

真杉孝博・高橋裕子

講座詳細


日時:      2021年7月18日(日)
     2021年8月8日(日)
     10:00~16:00 お昼休憩1時間

     両日とも同じ内容です

場所 :     ますぎ鍼灸院(神楽坂駅徒歩2分)
             東京都新宿区矢来町124-3-205

参加資格 :   鍼灸師

定員: 各回4名

講座代:     55,000円 (別途道具代3,000円)

講師:

真杉 孝博
小松式高麗手指鍼本科8期生
高麗手指鍼研究科
講師男性不妊専門 ますぎ鍼灸院 院長

高橋 裕子
小松式高麗手指鍼本科11期生
高麗手指鍼研究科
講師皮膚症状専門 鍼灸サロン結布心 院長

内容: 高麗手指鍼の理論、手と身体の相応点、五治処方(臓腑の補瀉治療)、基礎実技

申込方法: メールで「高麗手指鍼 基礎編受講希望」とお送りください。詳細を返信致します。

メールアドレス shinkyusalonyuko@gmail.com (高橋)

 

PAGE TOP