無精子症 マイクロテセ


「無精子症でマイクロテセを行なったが

精子がいなかった」あなたへ


✔︎ 無精子症と言われた                  
 ✔︎  TESE手術をしたが精子が見つからなかった 
✔︎ 妻に問題がないので自分の体を改善したい
✔︎ 可能性があるなら方法を知りたい    
✔︎ 絶対にあきらめたくない        

 


無精子症で悩まれている方は
ご相談ください

 

当院は東京近郊から多数の方が通院されています。
国家資格を持った院長が責任を持って施術いたします。
安心して鍼灸を受けられるよう丁寧に対応いたしております。


院長からのご挨拶


施術を受けた方から
喜びお声続々と!



なぜ当院以外の病院、整体院、鍼灸院で精子が良くならなかったのか?


精索静脈瘤の手術、サプリメント(亜鉛、コエンザイムQ10など)や漢方で改善しない。

整体院や鍼灸院で血流や自律神経を調節しても改善しない。

これらで結果の出ない方は、原因にアプローチできていないからです。

 


無精子症に対する当院独自のアプローチとは?


無精子症の原因は細胞にあります。

本来は、脳から出たFSH(卵胞刺激ホルモン)は血液で運ばれて精巣に到着するとセルトリ細胞がキャッチして精子を作り始めます。

無精子症の場合は、FSHがセルトリ細胞にキャッチされず精子が作れない状態です。セルトリ細胞がキャッチしないので血液中にFSHが溢れて、血液検査のFSHの数値が高く計測されます。

なぜセルトリ細胞がキャッチできないかというと、細胞が炎症を起こすと細胞膜が硬くなってしまいFSHがセルトリ細胞内に入っていかないからです。

よって当院では細胞の炎症を改善する鍼施術とその方法をお伝えしています。

 


細胞内にFSHを届ける3条件


 


当院独自の施術3ポイント


① 細胞の炎症 → 生殖器のツボで精巣の炎症を改善する
② 細胞への運搬力 → 生殖器内の血流を高めます
③ 細胞の浸透力 → 血液中のFSHを細胞内に浸透させていく

 


不妊症に特化した「手のはり」


手首の近くに「生殖器」のツボがあります。このツボに鍼で施術することで細胞の炎症を改善し、細胞内に栄養素、酸素、ホルモン(FSH)を送り込み、精子数や運動率を改善できる生殖細胞にしていきます。

 


年齢とともに落ち込む妊娠力


若い時の方が細胞のエネルギーが強いため、妊娠できる可能性が高いです。

高麗手指鍼では、経絡(内臓の気=エネルギー)の調整をします。特に妊娠には、男女ともに腎虚(腎気の不足)が影響しています。

腎気は「若さ」「造精能力」のエネルギー源であり、40歳以上で妊娠できる人とできない人の差は「若さのエネルギー」つまり「腎気」の量にあります。

当院では、毎回、腎気を補う「腎の補法」という経絡調整を行い、若さのエネルギーと造精能力を高めます。

 


初回限定キャンペーン


\HPからのご予約に限り/

初回 5,000円(税込)
※2回目以降 6,000円

ご予約時に「HP見た」とお声かけください



クリック↑


施術を受けた方から
喜びお声続々と!



「お客様の声」を詳しく見たい方へ


お客様の声 男性不妊症


年齢・状態にかかわらずご相談ください


院長紹介

 


無精子症の割合は結構多い


男性の100人に1人
男性不妊症の男性の10人に1人
の割合でみられる

無精子症は2通り


 

閉塞性無精子症
薬では治らない。可能ならば精路再建術。再建不能なら精巣精子採取術+顕微授精。

非閉塞性無精子症
わずかだが精子が造られている可能性がある。精巣精子採取術+顕微授精。

 

精巣精子採取術(マイクロテセ)とは


精巣を切り開き状態の良さそうな精細管を採取。その中から精子を見つけ出す手術。

・ただし精子が見つかる確率は40%
・確率が高いのは最初の1回目のみ
(1回精巣を切ると癒着が激しくなる)
一番いい状態でできるのは1回目

精子が見つかれば、顕微受精を行う。

原因不明の場合


現在の技術では、方法がないと言われている。

PAGE TOP