内臓を元気にして
「精子力」を向上させる
高麗手指鍼とは?

高麗手指鍼とは、
1975年に韓国の柳泰祐(ユー・テーウ)氏が
創案された鍼灸術です。

日本では、高麗手指鍼の達人である
金成萬(キム・ソマン)先生によって
広められました。

現在の日本では、
いくつかの流れの高麗手指鍼があります。

ますぎ鍼灸院はの高麗手指鍼は、

金成萬先生の教えを受けた
小松隆央先生の流れを受け継いでいる
「小松式高麗手指鍼」を行っています。


高麗手指鍼は、手掌・手背(甲)に
全身すべての部位や
内臓、14の経絡、345の経穴が
縮図化して存在しています。

体に対応する手指に刺鍼するのは
「相応点治療」といい、
高麗手指鍼の最も特徴的な治療法です。

内臓疾患の場合、
心臓や腎臓などの臓器に
鍼を刺すわけにはいきませんよね。

相応点治療なら
手のひらにある心臓や腎臓などの
臓器の対応部位に鍼を刺すことで

臓器そのものに刺激を伝えることができ、
機能低下している臓器の働きを
改善することができます。

経絡(気の流れ)・経穴(ツボ)も縮図として
手指に配置されていて「経絡治療」ができます。

経絡は、各内臓に対応する12本の
気(エネルギー)の流れです。

この12経絡の気が
強すぎたり弱すぎたりしたときに
バランスを崩した内臓に異常が起こります。

経絡治療とは、症状に関連する経絡を調べて
気のバランスを崩した状態を把握し、
調整して本来の健康な状態に戻します。

この2つの「経絡治療」と「相応点治療」に
手指鍼専用器具で刺激を与えることによって、

足し算ではなく掛け算の効果「相乗効果」を
発揮するのが高麗手指鍼です。

男性不妊症・EDの症状に対しては、
手掌側の手首近くにある
「生殖器・外生殖器」の相応点治療と、

「腎臓・肝臓・膀胱など」の経絡治療をすることで
「相乗効果」を発揮していきます!

PAGE TOP