【野菜のリスク】と男性不妊症

男性不妊症の改善法:知られざる野菜のリスクと対策

 

多くの人が知らない事実ですが、普段何気なく食べている野菜が、実は健康に悪影響を及ぼしている可能性があります。

 

特に生で食べ続けることで、原因不明の「頭痛」「関節痛」「肌荒れ」「下痢」「腹痛」といった症状を引き起こすことがあります。

 

これらの症状は、野菜に含まれる有害成分が腸を傷つけ、炎症を引き起こすためです。

 

男性不妊症と野菜の関係

 

男性不妊症の改善には、全身の健康を整えることが重要です。

 

そのためには、食事内容を見直し、体に悪影響を及ぼす食品を避けることが不可欠です。

 

野菜は健康に良いとされがちですが、特定の野菜には「レクチン」という成分が含まれており、これが腸や関節にダメージを与えることがあります。

 

レクチンとは?

 

レクチンは、野菜に含まれるタンパク質の一種で、糖質と結合する性質があります。

 

これが小腸の代謝を阻害し、腸絨毛や関節に損傷を与えることがあります。

 

特に過敏な人は、自己免疫反応を引き起こし、関節リウマチや肌荒れの原因になることもあります。

 

 

避けるべき野菜

 

以下のナス科の野菜には高レクチンが含まれており、症状が出ている場合はこれらを避けることをお勧めします:

トマト
ナス
ピーマン
ジャガイモ
パプリカ
シシトウ

 

野菜の摂取方法の改善

 

レクチンによる影響を避けるためには、以下の方法を試してみてください:

 

1. 高レクチン食品を避ける

最も効果的なのは、これらの高レクチン食品を2〜3週間避けることです。

この期間中に体調の変化を観察し、症状が改善されるかを確認します。

 

 

2. 加熱調理

レクチンは加熱によりその活性が低下します。

野菜をしっかり加熱調理することで、レクチンの影響を減少させることができます。

 

 

3. トマトの皮を剥ぐ

トマトの皮には特に多くのレクチンが含まれています。

トマトを使用する際には、皮を剥ぐことでレクチンの摂取を減らすことができます。

 

 

男性不妊症改善への影響

 

腸の健康は全身の健康に直結しており、特に男性不妊症に対しても大きな影響を及ぼします。

 

腸内環境が整うことで、ホルモンバランスも正常化し、精子の質や数が向上に繋がります。

 

 

食事の見直し

 

男性不妊症の改善には、日々の食事内容を見直すことが重要です。

 

特にレクチンの影響を避けるための工夫を取り入れることで、腸内環境が整い、全身の健康が向上します。

 

 

良質な脂質の摂取

 

食事内容の見直しに加えて、良質な脂質を摂取することも重要です。

 

以下のオイルを積極的に取り入れることで、体のエネルギー源を糖質から脂質にシフトし、腸内の炎症を抑える効果が期待できます:

 

エキストラバージンオリーブオイル
ココナッツオイル
MCTオイル
アマニオイル
ギー

 

これらの脂質は、体内でのエネルギー代謝を促進し、ホルモンバランスを整える助けになります。

 

 

まとめ

 

男性不妊症の改善には、全身の健康を見直し、特に腸内環境を整えることが重要です。

 

野菜に含まれるレクチンの影響を避けるための工夫を取り入れることで、腸内の健康が向上し、ホルモンバランスが正常化されます。

 

日々の食事内容を見直し、良質な脂質を積極的に摂取することで、男性不妊症の改善に向けた一歩を踏み出しましょう。

不妊症に特化した「高麗手指鍼」

手首の近くに「生殖器」のツボがあります。

このツボに鍼で施術することで

・精細胞の炎症を改善
・細胞内に栄養素、ホルモンを運搬
・精子を作る細胞反応

をさせて精子数、運動率、正常形態率を改善できる生殖細胞にしていきます。

他の鍼灸には生殖器に相応するツボはないので、不妊症を含めた内臓症状は高麗手指鍼が得意とする分野です。

キャンペーン

\HPからのご予約に限り/

男性不妊症・自律神経症状を改善

鍼灸施術

初回 7,000円(税込)
※通常は所見料2,000円+施術料金7,000円

毎月、先着5名様限定。

→今月、残り3名様

ご予約時に「HP見た」とお声かけください。

 

2回目以降 7,000円(税込)

ますぎ鍼灸院