【自律神経】と男性不妊症

 

男性不妊症の改善法:自律神経の乱れに対処する方法

 

自律神経が乱れると、体に様々なサインが現れます。

 

以下のような症状が出ている場合、それは体が自律神経の不調を訴えている証拠です:

 

- 息切れ
- 頭痛
- 筋肉の硬直
- 耳鳴り
- 飛蚊症
- 不眠
- 肥満
- 痩せ
- 掠れ声
- 体の歪み
- 目眩
- 痛み
- 寝汗
- 不安感
- 歯の噛み締め
- 動悸
- 恐怖感
- うつ状態
- 冷え性
- 貧血

 

これらの症状は、体が発する悲鳴とも言えます。

 

自律神経の乱れが気になる場合、手首で脈を取りながら深呼吸をしてみてください。

 

脈が一定のままであれば、自律神経が乱れている可能性があります。

 

 

自律神経の役割と影響

 

自律神経は、体内の様々な機能を無意識にコントロールしています。

 

心拍数、呼吸、消化、体温調節など、生命維持に必要な機能を調整する重要な役割を担っています。

 

自律神経が整っている場合、深呼吸をすると呼気中に心拍が遅くなるのが正常な反応です。

 

しかし、ストレスや不規則な生活習慣、栄養不足などが原因で自律神経が乱れると、体の調整機能がうまく働かなくなり、様々な症状が現れることがあります。

 

 

 

自律神経の整え方

 

1. 呼吸法の見直し

 

深呼吸をすることで自律神経を整える効果があります。

 

深呼吸をすると、副交感神経が優位になり、リラックス状態を促進します。

 

リラックスした状態が続くと、自律神経のバランスが改善されやすくなります。

 

 

2. 良質な脂質の摂取

 

自律神経を整えるためには、食事も重要です。

 

特に良質な脂質は、脳や神経の健康をサポートするために必要です。

 

以下のような良質な脂質を積極的に摂取することをお勧めします:

 

- エキストラバージンオリーブオイル
- ココナッツオイル
- MCTオイル
- アマニオイル
- 魚油(オメガ-3脂肪酸)

 

これらの脂質は、神経細胞の膜を構成する成分であり、神経伝達をスムーズにする役割があります。

 

特にオメガ-3脂肪酸は、脳の健康を維持するために重要です。

 

 

3. 規則正しい生活

 

規則正しい生活習慣を維持することも、自律神経を整えるためには欠かせません。

 

十分な睡眠を取り、バランスの取れた食事を心がけ、適度な運動をすることで、自律神経のバランスが改善されます。

 

 

4. ストレスの管理

 

ストレスは自律神経の大敵です。

 

リラクゼーション法や趣味を楽しむ時間を持つことで、ストレスを効果的に管理しましょう。

 

ヨガや瞑想、マッサージなども効果的です。

 

 

男性不妊症への影響

 

自律神経の乱れは、男性不妊症にも影響を与えることがあります。

 

自律神経が整うことで、ホルモンバランスが改善され、精子の質や数が向上する可能性があります。

 

日々の生活習慣を見直し、自律神経を整えることが、男性不妊症の改善につながります。

 

自律神経のバランスを整えることで、全身の健康が向上し、男性不妊症の改善にも繋がる可能性があります。

 

日々の生活に取り入れられる簡単な方法から始めて、健康的な生活を目指しましょう。

不妊症に特化した「高麗手指鍼」

手首の近くに「生殖器」のツボがあります。

このツボに鍼で施術することで

・精細胞の炎症を改善
・細胞内に栄養素、ホルモンを運搬
・精子を作る細胞反応

をさせて精子数、運動率、正常形態率を改善できる生殖細胞にしていきます。

他の鍼灸には生殖器に相応するツボはないので、不妊症を含めた内臓症状は高麗手指鍼が得意とする分野です。

キャンペーン

\HPからのご予約に限り/

男性不妊症・自律神経症状を改善

鍼灸施術

初回 7,000円(税込)
※通常は所見料2,000円+施術料金7,000円

毎月、先着5名様限定。

→今月、残り3名様

ご予約時に「HP見た」とお声かけください。

 

2回目以降 7,000円(税込)

ますぎ鍼灸院