パニック障害

パニック障害は、脳の特定の領域が過剰に反応することによって引き起こされると考えられています。この過剰反応が「脳の誤作動」として認識され、これを改善することでパニック障害も改善されます。

 

脳の誤作動とパニック障害のメカニズム

 

脳の誤作動:

パニック障害では、脳の一部である扁桃体(へんとうたい)が過敏に反応します。扁桃体は、危険やストレスに対する即時反応を司る部分です。

通常、扁桃体は現実の危険に対して反応しますが、パニック障害の患者では、実際に危険がない状況でも扁桃体が過剰に反応します。

 

前頭前皮質の役割:

前頭前皮質は、論理的な思考や計画、感情の制御を行う部分です。通常、扁桃体が危険信号を発した際に、前頭前皮質がその信号を評価し、適切な反応を指示します。

パニック障害では、前頭前皮質と扁桃体の連携がうまく機能せず、前頭前皮質が扁桃体の過剰反応を抑制しきれないことがあります。

 

神経伝達物質の異常:

セロトニンやノルエピネフリンなどの神経伝達物質のバランスが崩れることも、パニック障害の原因の一つとされています。

これらの物質は、脳内での信号の伝達に重要な役割を果たしており、その異常が脳の誤作動を引き起こす可能性があります。

 

一般的な改善方法

 

薬物療法:

セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)やノルエピネフリン再取り込み阻害薬(SNRI)は、神経伝達物質のバランスを改善し、脳の誤作動を抑えるのに役立ちます。

これにより、扁桃体の過剰反応が減少し、パニック発作の頻度や強度が低下します。

 

認知行動療法(CBT):

認知行動療法は、前頭前皮質と扁桃体の連携を改善するのに役立ちます。

患者は、自分の思考パターンを再評価し、パニック発作を引き起こす誤った認識を修正する方法を学びます。これにより、前頭前皮質が扁桃体の過剰反応を効果的に抑制できるようになります。

 

マインドフルネスとリラクゼーション技法:

これらの技法は、ストレスや不安を軽減し、脳全体の過敏な反応を抑えるのに役立ちます。

呼吸法や瞑想などは、扁桃体の活動を落ち着かせ、前頭前皮質の制御を強化します。

 

パニック障害は一般的に薬物療法が用いられますが、すべての患者において効果があるわけではありません。特に薬物療法だけでは改善が見られない場合、根本的な原因にアプローチすることが重要です。

 

薬物療法の限界

 

薬物療法は、パニック障害の症状を一時的に和らげる効果があります。抗うつ薬や抗不安薬は、不安感や恐怖感を軽減し、発作の頻度や強度を減らすことができます。しかし、薬物療法には以下の限界があります。

 

根本原因の改善ではない:

薬は主に症状を抑えることを目的としており、パニック障害の根本原因に対処するものではありません。薬を服用している間は症状が軽減されることが多いですが、服用を中止すると再発する可能性があります。

 

副作用の問題:

長期的な薬物療法は、副作用のリスクを伴います。例えば、抗うつ薬は体重増加や性的機能障害、抗不安薬は依存性や眠気を引き起こすことがあります。これらの副作用は、患者の日常生活に影響を及ぼす可能性があります。

 

効果の個人差:

薬物療法の効果には個人差があり、一部の患者には十分な効果が得られないことがあります。また、効果が現れるまでに数週間から数ヶ月かかることもあります。

 

自律神経からの根本原因へのアプローチ

 

パニック障害は、自律神経系の機能不全が一因とされています。自律神経系は、交感神経と副交感神経のバランスによって体内の様々な機能を調整しています。パニック障害の症状には、過度な不安、心拍数の増加、呼吸困難、発汗などがあり、これらは主に交感神経が過剰に活発になることで引き起こされます。

 

自律神経の改善とパニック障害の関係

 

自律神経系を改善することが、パニック障害の改善につながると考えられる理由は以下の通りです。

 

交感神経の過剰活動の抑制:

パニック発作は、交感神経が過剰に活性化することで起こります。これを抑制することで、発作の頻度や強度を軽減できます。

 

副交感神経の活性化:

副交感神経は、体をリラックスさせ、心拍数を下げ、消化を促進します。副交感神経の活動を促進することで、心身のバランスを取り戻すことができます。

 

太陽神経叢と星状神経節の役割

 

自律神経系の調整において、特に重要なのが太陽神経叢と星状神経節です。

 

太陽神経叢(ソーラー・プレクサス)

太陽神経叢は、腹部に位置し、多くの内臓の機能をコントロールしています。ここには多数の神経が集まっており、自律神経の中心的な役割を果たします。

役割: 消化器官の調整、腹部の血流の制御、ストレス反応の調整など。

調整方法: 呼吸法や腹部マッサージ、ヨガなどでリラックスさせることが可能です。特に深呼吸は、太陽神経叢を通じて副交感神経を刺激し、リラックス効果を高めます。

 

星状神経節(スターテッド・ギャングリオン)

 

星状神経節は、首の付け根に位置し、顔面、頭部、腕などの血流や汗の調節を行っています。特に、交感神経の活動を制御する上で重要な役割を担っています。

役割: 血流の制御、発汗の調節、心拍数の調整など。

調整方法: 星状神経節ブロック(局所麻酔薬を注入して一時的に神経の活動を抑える)や温熱療法などが用いられます。これにより、交感神経の過剰活動を抑え、リラックスを促進します。

 

パニック障害の改善には、自律神経系のバランスを取り戻すことが重要です。

特に、太陽神経叢と星状神経節の調整を行うことで、交感神経の過剰な活動を抑え、副交感神経の働きを促進することが可能です。

 

これにより、心身のリラックスが促され、パニック発作の頻度や強度が軽減されると期待されます。

したがって、自律神経の調整を目的とした施術やライフスタイルの改善が、パニック障害の効果的な管理方法となるでしょう。

当院のパニック障害に対する施術

一人一人の症状に合わせた「ブレインチューニング」と腹部・頚部を緩める「自律神経の調整」でパニック障害を改善していきます。

 

パニック障害を改善する当院のアプローチ

 

①脳の誤作動をブレインチューニング
②腹部(太陽神経叢)の緊張の改善
③頚部(星状神経節)の緊張の改善

 

ますぎ鍼灸院では、「ブレインチューニング」という脳の誤作動を正常化させる施術法と手技施術を組み合わせた独自の施術法を行います。

 

パニック障害は、脳の特定の領域が過剰に反応することによって引き起こされると考えられています。この過剰反応が「脳の誤作動」として認識され、これを改善することでパニック障害も改善されます。

 

脳の誤作動をチューニングするにはコツがあり、一人一人の状況に合わせて改善法をお伝えしていきます。

 

パニック障害の改善には、自律神経系のバランスを取り戻すことも重要です。特に、太陽神経叢と星状神経節の調整を行うことで、交感神経の過剰な活動を抑え、副交感神経の働きを促進することが可能です。

 

これにより、心身のリラックスが促され、パニック発作の頻度や強度が軽減されていきます。

キャンペーン

\HPからのご予約に限り/

男性不妊症・自律神経症状を改善

鍼灸施術

初回 7,000円(税込)
※通常は所見料2,000円+施術料金7,000円

毎月、先着5名様限定。

→今月、残り3名様

ご予約時に「HP見た」とお声かけください。

 

2回目以降 7,000円(税込)

ますぎ鍼灸院