【パニック障害】セロトニンの効能

パニック障害の改善法:セロトニンとトリプトファンの重要性

 

パニック障害は多くの人にとって大きなストレスとなりますが、その改善には栄養素の役割も無視できません。

 

特に、セロトニンとその生成に関わるトリプトファンについて理解することが重要です。

 

セロトニンとは?

 

セロトニンは、脳内で気分を安定させる働きをする神経伝達物質の一つです。

 

この物質は、私たちの感情や気分に深く関わっており、不足すると不安や抑うつの原因となることがあります。

 

トリプトファンとセロトニンの関係

 

セロトニンは、必須アミノ酸の一つであるトリプトファンから作られます。

 

トリプトファンは体内で作り出すことができないため、食事から摂取する必要があります。

 

適切な量のトリプトファンを摂取することで、セロトニンの生成をサポートし、脳内のセロトニンレベルを高く保つことができます。

 

SSRIと食事の関係

 

選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)は、セロトニンの働きを強化することでパニック症状を和らげる役割を果たします。

 

しかし、SSRIの効果で一時的に症状が改善しても、トリプトファンが不足している食事を続けると、再発のリスクが高まることが分かっています。

 

つまり、薬の効果を持続させるためにも、適切な食事が重要なのです。

 

トリプトファンを含む食品

 

トリプトファンを豊富に含む食品を積極的に摂取することで、セロトニンの生成を促進し、パニック障害の再発を防ぐことができます。

 

以下は、トリプトファンを多く含む代表的な食品です:

 

七面鳥や鶏肉
魚(特にサーモンやマグロ)

乳製品(ヨーグルト、チーズ、牛乳)
ナッツや種子(アーモンド、かぼちゃの種)
大豆製品(豆腐、テンペ)
全粒穀物(オートミール、全粒パン)

 

セロトニンレベルを保つためのライフスタイル

 

食事だけでなく、日常生活の中でもセロトニンレベルを維持する方法があります。

 

例えば、適度な運動、十分な睡眠、日光を浴びることが有効です。

 

これらの習慣を取り入れることで、セロトニンの生成が促進され、気分の安定につながります。

 

まとめ

 

パニック障害の改善には、セロトニンとトリプトファンの関係を理解し、適切な栄養素を摂取することが不可欠です。

 

トリプトファンを多く含む食事を心がけ、セロトニンレベルを高く保つことで、パニック障害の再発を防ぐ手助けとなるでしょう。

 

日々の食事とライフスタイルを見直し、心と体の健康を維持することが大切です。

当院のパニック障害に対する施術

一人一人の症状に合わせた「ブレインチューニング」と腹部・頚部を緩める「自律神経の調整」でパニック障害を改善していきます。

 

パニック障害を改善する当院のアプローチ

 

①脳の誤作動をブレインチューニング
②腹部(太陽神経叢)の緊張の改善
③頚部(星状神経節)の緊張の改善

 

ますぎ鍼灸院では、「ブレインチューニング」という脳の誤作動を正常化させる施術法と手技施術を組み合わせた独自の施術法を行います。

 

パニック障害は、脳の特定の領域が過剰に反応することによって引き起こされると考えられています。この過剰反応が「脳の誤作動」として認識され、これを改善することでパニック障害も改善されます。

 

脳の誤作動をチューニングするにはコツがあり、一人一人の状況に合わせて改善法をお伝えしていきます。

 

パニック障害の改善には、自律神経系のバランスを取り戻すことも重要です。特に、太陽神経叢と星状神経節の調整を行うことで、交感神経の過剰な活動を抑え、副交感神経の働きを促進することが可能です。

 

これにより、心身のリラックスが促され、パニック発作の頻度や強度が軽減されていきます。

キャンペーン

\HPからのご予約に限り/

男性不妊症・自律神経症状を改善

鍼灸施術

初回 7,000円(税込)
※通常は所見料2,000円+施術料金7,000円

毎月、先着5名様限定。

→今月、残り3名様

ご予約時に「HP見た」とお声かけください。

 

2回目以降 7,000円(税込)

ますぎ鍼灸院