【パニック障害】前頭前皮質の抑制機能の低下

パニック障害に関連する「前頭前皮質の抑制機能の低下」について理解し、その改善方法を考える際に、以下のポイントを重視します。

 

前頭前皮質の抑制機能の低下とは

 

前頭前皮質(PFC)は、論理的思考、計画、意思決定、感情の制御に関与しています。パニック障害では、PFCの機能が低下し、恐怖や不安を適切に抑制できなくなることがあります。

 

これは、脳の他の部位(例えば扁桃体)の過剰な恐怖反応を抑えることができず、パニック発作が引き起こされやすくなることを意味します。

 

改善方法

 

1. 認知行動的アプローチ

 

認知行動療法(CBT): PFCの機能をサポートするために、CBTを活用し、否定的な思考パターンを現実的かつ前向きなものに変える。

 

マインドフルネス: 現在の瞬間に意識を集中させる練習を行い、PFCの活性化を促す。瞑想や深呼吸の技術を取り入れることで、自己調整能力を向上させる。

 

 

2. ライフスタイルの調整

 

定期的な運動: 有酸素運動やヨガなどの活動は、PFCの機能を改善する効果があります。運動は神経伝達物質のバランスを整え、ストレスを軽減します。

 

健康的な食事: 脳の健康に寄与する栄養素(オメガ3脂肪酸、ビタミンB群、抗酸化物質など)を含むバランスの取れた食事を心がける。

 

 

3. ストレス管理

 

リラクゼーション技法: 深呼吸、漸進的筋弛緩法、瞑想などのリラクゼーション技法を日常生活に取り入れることで、PFCの過剰な負荷を軽減します。

 

十分な睡眠: 良質な睡眠はPFCの機能を維持するために重要です。規則正しい睡眠パターンを確立する。

 

 

4. 新しいスキルの学習

 

学習と挑戦: 新しいスキルや知識を学ぶことで、PFCの活性化を促進する。楽器の演奏、新しい言語の習得、パズルや問題解決の活動を行う。

 

 

5. 社会的支援とコミュニケーション

 

サポートグループやカウンセリング: 同じような経験を持つ人々との交流やカウンセリングを通じて、感情を共有し、支え合うことがPFCの機能に良い影響を与える。

 

 

まとめ

 

前頭前皮質の抑制機能の低下を改善するためには、認知行動的アプローチ、ライフスタイルの調整、ストレス管理、新しいスキルの学習、そして社会的支援が重要です。

 

これらの方法を組み合わせて実践することで、脳の機能をサポートし、パニック障害の症状を緩和することが可能です。

当院のパニック障害に対する施術

一人一人の症状に合わせた「ブレインチューニング」と腹部・頚部を緩める「自律神経の調整」でパニック障害を改善していきます。

 

パニック障害を改善する当院のアプローチ

 

①脳の誤作動をブレインチューニング
②腹部(太陽神経叢)の緊張の改善
③頚部(星状神経節)の緊張の改善

 

ますぎ鍼灸院では、「ブレインチューニング」という脳の誤作動を正常化させる施術法と手技施術を組み合わせた独自の施術法を行います。

 

パニック障害は、脳の特定の領域が過剰に反応することによって引き起こされると考えられています。この過剰反応が「脳の誤作動」として認識され、これを改善することでパニック障害も改善されます。

 

脳の誤作動をチューニングするにはコツがあり、一人一人の状況に合わせて改善法をお伝えしていきます。

 

パニック障害の改善には、自律神経系のバランスを取り戻すことも重要です。特に、太陽神経叢と星状神経節の調整を行うことで、交感神経の過剰な活動を抑え、副交感神経の働きを促進することが可能です。

 

これにより、心身のリラックスが促され、パニック発作の頻度や強度が軽減されていきます。

キャンペーン

\HPからのご予約に限り/

男性不妊症・自律神経症状を改善

鍼灸施術

初回 7,000円(税込)
※通常は所見料2,000円+施術料金7,000円

毎月、先着5名様限定。

→今月、残り3名様

ご予約時に「HP見た」とお声かけください。

 

2回目以降 7,000円(税込)

ますぎ鍼灸院