【パニック障害】精神疾患ではない

パニック障害:精神疾患ではなく脳の誤認と誤作動

 

パニック障害は、多くの人にとって理解しがたい現象かもしれません。

 

「精神疾患」というラベルを貼られることが多いですが、実際にはそれだけでは説明できない複雑なメカニズムが存在します。

 

今回は、パニック障害がどのようにして脳の誤認と誤作動によって引き起こされるのかについて考えてみましょう。

 

脳の誤認がもたらす不安

 

日常生活の中で、私たちの身体は様々な変化を経験します。

 

例えば、心拍数が上がる、息切れがする、汗をかくなど、これらは通常の生理的反応です。

 

しかし、パニック障害を持つ人々の脳は、これらの無害な身体の変化を危険なものと誤認します。

 

この誤認が引き金となり、過剰な不安や恐怖感が突然襲ってくるのです。

 

過剰反応としてのパニック発作

 

脳が誤認することで引き起こされるのは、ただの不安感ではありません。

 

パニック発作という形で、極度の恐怖感が一気に押し寄せてきます。

 

これはまさに脳の「戦うか逃げるか」反応が過剰に働いてしまう結果です。

 

通常、この反応は命の危険が迫ったときに役立つものですが、パニック障害の場合、脳が実際には危険でない状況でもこの反応を起こしてしまうのです。

 

身体の変化と脳の誤作動

 

身体の変化が引き金となることが多いですが、それだけが原因ではありません。

 

脳が過去の経験やストレス要因を元に、無意識のうちに不安感を増幅させることもあります。

 

このように、脳の誤認が積み重なり、誤作動としてパニック発作が発生します。

 

理解と対応

 

パニック障害を理解する上で重要なのは、これが単なる「心の問題」ではなく、脳の働きに深く関わっているという点です。

 

周囲の人々がこのメカニズムを理解することで、パニック障害を持つ人々へのサポートがより効果的になるでしょう。

 

例えば、安心できる環境を提供することや、過度な刺激を避けることが役立つかもしれません。

 

まとめ

 

パニック障害は、脳の誤認と誤作動によって引き起こされる複雑な現象です。

 

「精神疾患」と一括りにするだけでは、その本質を見逃してしまうかもしれません。

 

私たちがこのメカニズムを理解し、適切に対処することで、パニック障害に悩む人々の生活の質を向上させる一助となることができるでしょう。

当院のパニック障害に対する施術

一人一人の症状に合わせた「ブレインチューニング」と腹部・頚部を緩める「自律神経の調整」でパニック障害を改善していきます。

 

パニック障害を改善する当院のアプローチ

 

①脳の誤作動をブレインチューニング
②腹部(太陽神経叢)の緊張の改善
③頚部(星状神経節)の緊張の改善

 

ますぎ鍼灸院では、「ブレインチューニング」という脳の誤作動を正常化させる施術法と手技施術を組み合わせた独自の施術法を行います。

 

パニック障害は、脳の特定の領域が過剰に反応することによって引き起こされると考えられています。この過剰反応が「脳の誤作動」として認識され、これを改善することでパニック障害も改善されます。

 

脳の誤作動をチューニングするにはコツがあり、一人一人の状況に合わせて改善法をお伝えしていきます。

 

パニック障害の改善には、自律神経系のバランスを取り戻すことも重要です。特に、太陽神経叢と星状神経節の調整を行うことで、交感神経の過剰な活動を抑え、副交感神経の働きを促進することが可能です。

 

これにより、心身のリラックスが促され、パニック発作の頻度や強度が軽減されていきます。

キャンペーン

\HPからのご予約に限り/

男性不妊症・自律神経症状を改善

鍼灸施術

初回 7,000円(税込)
※通常は所見料2,000円+施術料金7,000円

毎月、先着5名様限定。

→今月、残り3名様

ご予約時に「HP見た」とお声かけください。

 

2回目以降 7,000円(税込)

ますぎ鍼灸院