【パニック障害】ノルアドレナリンの過剰分泌

パニック障害の改善法:ノルアドレナリン

 

パニック障害は、突然の強い不安や恐怖感に襲われる症状が特徴です。

 

その原因については、さまざまな研究が進められています。今回は、パニック障害の原因と改善法について探ってみましょう。

 

パニック障害の原因

 

パニック障害の発作は、脳の特定の部位が関与していると考えられています。

 

特に、脳幹部にある橋(ポンズ)の青班核(せいはんかく)という部位からノルアドレナリンが過剰に分泌されることが一因とされています。

 

ノルアドレナリンは、ストレスや危機に対する反応を引き起こす神経伝達物質です。

 

 

このノルアドレナリンが過剰に分泌されると、身体は過度に緊張し、パニック発作が生じると考えられています。

 

ストレスが誘因となることもありますが、何の誘因もなく発症するケースの方が多いようです。

 

つまり、パニック障害は心因性の病気というより、脳の誤作動に由来する現象といえます。

 

パニック障害の改善法

 

パニック障害を改善するためには、脳の誤作動を和らげるアプローチが重要です。以下に、自分で実践できる方法を紹介します。

 

 

1. リラクゼーションテクニックの活用

 

深呼吸や瞑想、ヨガなどのリラクゼーション法を日常生活に取り入れることで、ノルアドレナリンの過剰分泌を抑える手助けになります。

 

これらの方法は、心身をリラックスさせ、ストレス反応を軽減します。

 

 

2. 規則正しい生活習慣の確立

 

規則正しい睡眠、バランスの取れた食事、適度な運動は、自律神経を整え、脳の誤作動を防ぐ助けになります。

 

特に、十分な睡眠をとることは脳の健康に直結します。

 

 

3. ストレス管理

 

日常のストレスを減らすために、趣味や友人との交流など、自分に合ったリラックス方法を見つけることが大切です。

 

ストレスが溜まるとノルアドレナリンの分泌が増えるため、ストレス管理は重要です。

 

 

4. 井穴の活用

 

指先のツボである井穴(せいけつ)を押すことで、自律神経のバランスを整えることができます。

 

これにより、過剰なノルアドレナリンの分泌を抑え、発作を和らげることが期待できます。

 

 

まとめ

 

パニック障害は脳の誤作動による現象であり、その改善には脳の反応を整えることが求められます。

 

日常生活の中でできるリラクゼーションや規則正しい生活習慣の確立、ストレス管理などを取り入れることで、脳の誤作動を和らげ、より安定した生活を送ることができるでしょう。

 

パニック障害に悩む方々が少しでも快適な日々を過ごせるよう、今回紹介した方法をぜひ試してみてください。

当院のパニック障害に対する施術

一人一人の症状に合わせた「ブレインチューニング」と腹部・頚部を緩める「自律神経の調整」でパニック障害を改善していきます。

 

パニック障害を改善する当院のアプローチ

 

①脳の誤作動をブレインチューニング
②腹部(太陽神経叢)の緊張の改善
③頚部(星状神経節)の緊張の改善

 

ますぎ鍼灸院では、「ブレインチューニング」という脳の誤作動を正常化させる施術法と手技施術を組み合わせた独自の施術法を行います。

 

パニック障害は、脳の特定の領域が過剰に反応することによって引き起こされると考えられています。この過剰反応が「脳の誤作動」として認識され、これを改善することでパニック障害も改善されます。

 

脳の誤作動をチューニングするにはコツがあり、一人一人の状況に合わせて改善法をお伝えしていきます。

 

パニック障害の改善には、自律神経系のバランスを取り戻すことも重要です。特に、太陽神経叢と星状神経節の調整を行うことで、交感神経の過剰な活動を抑え、副交感神経の働きを促進することが可能です。

 

これにより、心身のリラックスが促され、パニック発作の頻度や強度が軽減されていきます。

キャンペーン

\HPからのご予約に限り/

男性不妊症・自律神経症状を改善

鍼灸施術

初回 7,000円(税込)
※通常は所見料2,000円+施術料金7,000円

毎月、先着5名様限定。

→今月、残り3名様

ご予約時に「HP見た」とお声かけください。

 

2回目以降 7,000円(税込)

ますぎ鍼灸院