【パニック障害】神経伝達物質の不均衡

パニック障害における「神経伝達物質の不均衡」は、症状の発現に重要な役割を果たしています。

特にセロトニン、ノルアドレナリン、GABAなどの神経伝達物質のバランスが崩れることが、過剰な不安や恐怖反応を引き起こす原因とされています。

 

神経伝達物質の不均衡とパニック障害

 

セロトニン:

感情の安定に関与し、不足すると不安や抑うつ症状が増加する。

 

ノルアドレナリン:

ストレス反応に関与し、過剰になると心拍数の増加や過度の警戒心を引き起こす。

 

GABA (γ-アミノ酪酸):

神経の興奮を抑える作用があり、不足すると不安や過敏な反応が増す。

 

 

神経伝達物質のバランスを整える方法

 

1. 栄養と食事

 

バランスの取れた食事:

オメガ3脂肪酸(魚、亜麻仁油、クルミなど)、ビタミンB群(全粒穀物、豆類、緑葉野菜など)、マグネシウム(ナッツ、種子、バナナなど)を含む食事が脳の健康に寄与する。

 

プロバイオティクス:

腸内環境が神経伝達物質に影響を与えるため、ヨーグルトや発酵食品を摂取することで腸内フローラを改善。

 

 

2. 運動

 

定期的な運動:

有酸素運動や筋力トレーニングはセロトニンの分泌を促進し、ストレスホルモンのレベルを低下させる。

特に、毎日のウォーキングやジョギングが効果的。

 

 

3. ストレス管理

 

瞑想とマインドフルネス:

ストレスを軽減し、心の平静を保つ。

毎日10〜15分の瞑想が神経伝達物質のバランスを整えるのに役立つ。

 

深呼吸と漸進的筋弛緩法:

副交感神経を刺激し、リラックスを促進する。

 

 

4. 睡眠の質を向上

 

十分な睡眠:

規則正しい睡眠パターンを維持し、良質な睡眠を確保する。

寝る前のリラックスルーチンやスクリーンタイムの制限も有効。

 

 

5. 自然療法

 

ハーブとサプリメント:

セントジョーンズワート、カモミール、バレリアンルートなどのハーブや、オメガ3サプリメント、マグネシウムサプリメントを試すことができる。

 

 

6. 専門家のサポート

 

心理カウンセリング:

認知行動療法 (CBT) などの心理療法を通じて、否定的な思考パターンを修正し、神経伝達物質のバランスに間接的に影響を与える。

 

バイオフィードバックとニューロフィードバック:

神経伝達物質のバランスをリアルタイムでモニターし、自己調節する技術。

 

 

まとめ

 

神経伝達物質の不均衡を改善するためには、食事や運動、ストレス管理、良質な睡眠、自然療法、そして専門家のサポートを組み合わせたアプローチが有効です。

これらの方法を実践することで、脳の健康を保ち、パニック症状の軽減を目指すことができます。

当院のパニック障害に対する施術

一人一人の症状に合わせた「ブレインチューニング」と腹部・頚部を緩める「自律神経の調整」でパニック障害を改善していきます。

 

パニック障害を改善する当院のアプローチ

 

①脳の誤作動をブレインチューニング
②腹部(太陽神経叢)の緊張の改善
③頚部(星状神経節)の緊張の改善

 

ますぎ鍼灸院では、「ブレインチューニング」という脳の誤作動を正常化させる施術法と手技施術を組み合わせた独自の施術法を行います。

 

パニック障害は、脳の特定の領域が過剰に反応することによって引き起こされると考えられています。この過剰反応が「脳の誤作動」として認識され、これを改善することでパニック障害も改善されます。

 

脳の誤作動をチューニングするにはコツがあり、一人一人の状況に合わせて改善法をお伝えしていきます。

 

パニック障害の改善には、自律神経系のバランスを取り戻すことも重要です。特に、太陽神経叢と星状神経節の調整を行うことで、交感神経の過剰な活動を抑え、副交感神経の働きを促進することが可能です。

 

これにより、心身のリラックスが促され、パニック発作の頻度や強度が軽減されていきます。

キャンペーン

\HPからのご予約に限り/

男性不妊症・自律神経症状を改善

鍼灸施術

初回 7,000円(税込)
※通常は所見料2,000円+施術料金7,000円

毎月、先着5名様限定。

→今月、残り3名様

ご予約時に「HP見た」とお声かけください。

 

2回目以降 7,000円(税込)

ますぎ鍼灸院