【パニック障害】膻中のツボ

 

パニック障害の改善法:脳の誤作動と気の調整

 

パニック障害は、脳が正常な状況を誤って危険と認識し、過剰な反応を引き起こす現象です。

 

これに対処するためには、頭部に上がった気を下げて落ち着かせることが重要です。

 

今回は、パニック障害の改善法として、井穴(せいけつ)と膻中(だんちゅう)というツボを使った対処法を紹介します。

 

 

 

井穴(せいけつ)で自律神経を整える

井穴(せいけつ)は指先にあるツボで、ここを刺激することで自律神経のバランスを整え、気持ちを落ち着かせる効果があります。

 

各指の爪の生え際、指の外側の少しへこんだ部分にある井穴を親指と人差し指で軽く挟むように押します。

 

これにより、頭部に上がった気を下げ、心を落ち着かせることができます。

 

 

膻中(だんちゅう)で気持ちの落ち込みを改善

 

もう一つの効果的なツボは、膻中(だんちゅう)です。膻中は両乳首の間、または両脇を結んだ中点に位置し、胸骨の上にあります。

 

この部分を押すと、特にストレスが溜まっている人は痛みを感じるかもしれません。

 

膻中を刺激することで、気持ちの落ち込みを改善し、息苦しさや乳腺炎の予防にも役立ちます。

 

 

 

膻中の場所と押し方

 

膻中の位置を確認し、胸骨の上のポイントを指で軽く押します。

 

痛みを感じる場合は、優しく指圧しながら深呼吸を繰り返します。

 

これにより、気の流れが整い、心身のリラックスが促進されます。

 

 

 

実践方法

 

1. 落ち着いた場所を見つける

 

静かで安心できる場所を選びましょう。

 

 

2. 井穴を押す

 

指先の井穴を親指と人差し指で軽く挟み、ゆっくりと押します。深呼吸をしながら数分間続けてみましょう。

 

 

3. 膻中を押す

 

両乳首の間、胸骨の上にある膻中を指で押します。深呼吸をしながら、優しく指圧していきます。

 

 

 

日常生活での活用

 

これらのツボ押しは、パニック発作が起こったときだけでなく、日常のストレス対策やリラクゼーションとしても役立ちます。

 

定期的に実践することで、気の流れを整え、心身のバランスを保ちやすくなります。

 

 

 

まとめ

 

パニック障害の改善法として、井穴と膻中を押す方法を取り入れてみてください。

 

脳の誤作動を落ち着かせ、頭部に上がった気を下げることで、心身の安定を取り戻す手助けとなります。

 

日常の中でこれらの対処法を実践し、より安定した生活を目指しましょう。

当院のパニック障害に対する施術

一人一人の症状に合わせた「ブレインチューニング」と腹部・頚部を緩める「自律神経の調整」でパニック障害を改善していきます。

 

パニック障害を改善する当院のアプローチ

 

①脳の誤作動をブレインチューニング
②腹部(太陽神経叢)の緊張の改善
③頚部(星状神経節)の緊張の改善

 

ますぎ鍼灸院では、「ブレインチューニング」という脳の誤作動を正常化させる施術法と手技施術を組み合わせた独自の施術法を行います。

 

パニック障害は、脳の特定の領域が過剰に反応することによって引き起こされると考えられています。この過剰反応が「脳の誤作動」として認識され、これを改善することでパニック障害も改善されます。

 

脳の誤作動をチューニングするにはコツがあり、一人一人の状況に合わせて改善法をお伝えしていきます。

 

パニック障害の改善には、自律神経系のバランスを取り戻すことも重要です。特に、太陽神経叢と星状神経節の調整を行うことで、交感神経の過剰な活動を抑え、副交感神経の働きを促進することが可能です。

 

これにより、心身のリラックスが促され、パニック発作の頻度や強度が軽減されていきます。

キャンペーン

\HPからのご予約に限り/

男性不妊症・自律神経症状を改善

鍼灸施術

初回 7,000円(税込)
※通常は所見料2,000円+施術料金7,000円

毎月、先着5名様限定。

→今月、残り3名様

ご予約時に「HP見た」とお声かけください。

 

2回目以降 7,000円(税込)

ますぎ鍼灸院