パニック障害と【自律神経】

 

パニック障害の改善法:自律神経の乱れに気づき、整える方法

 

パニック障害に悩んでいる方にとって、自分でできる改善法を知っておくことは非常に重要です。

 

パニック障害は精神疾患というよりも、脳の誤作動によって引き起こされる現象です。

 

特に、頭部に上がった気を下げることが大切です。

 

今回は、自律神経の乱れに気づき、それを整える方法についてお話しします。

 

 

自律神経が乱れた時のサイン

 

自律神経が乱れると、身体は様々なサインを発します。これらのサインを見逃さないことが大切です。

 

- 息切れ
- 頭痛
- 筋肉の硬直
- 耳鳴り
- 飛蚊症
- 不眠
- 体重の増減(肥満・痩せ)
- 掠れ声
- 体の歪み
- めまい
- 痛み
- 寝汗
- 不安感
- 歯の食いしばり
- 動悸
- 恐怖感
- うつ状態
- 冷え
- 貧血

 

これらはすべて身体の悲鳴とも言えるサインです。

 

これらのサインが現れた場合、自律神経の乱れを疑ってみましょう。

 

 

 

自律神経の乱れを確認する方法

 

自律神経の乱れが気になる場合、手首で脈を取りながら深呼吸をしてみてください。

 

自律神経が整っている人は、深呼吸時に呼気中の心拍が遅くなります。

 

一方、脈が一定のままで変化がない場合、自律神経が乱れている可能性があります。

 

 

 

自律神経を整える方法

 

自律神経のバランスを整えるためには、いくつかの方法があります。ここでは、日常生活で簡単に取り入れられる方法を紹介します。

 

1. 深呼吸

 

深くゆっくりとした呼吸を意識することで、副交感神経を優位にし、リラックス状態を促します。

深呼吸はいつでもどこでもできる簡単な方法です。

 

2. 手首の脈を確認

 

自分の脈を確認しながら深呼吸を行い、自律神経の状態をチェックします。

脈が一定であれば、自律神経の乱れを意識し、深呼吸を続けることで改善を図ります。

 

3. 良質な脂質を摂取する

 

自律神経を整えるためには、良質な脂質を摂取することが効果的です。

 

オメガ3脂肪酸を含む魚や、ナッツ、アボカドなどの食品を積極的に摂りましょう。

 

 

まとめ

 

パニック障害は、脳の誤作動によって引き起こされる現象であり、自律神経の乱れが大きく関与しています。

 

自律神経の乱れに早く気づき、深呼吸や良質な脂質の摂取などで整えることが、頭部に上がった気を下げる助けになります。

 

日常生活の中でこれらの方法を取り入れ、より安定した心と身体の状態を目指しましょう。

当院のパニック障害に対する施術

一人一人の症状に合わせた「ブレインチューニング」と腹部・頚部を緩める「自律神経の調整」でパニック障害を改善していきます。

 

パニック障害を改善する当院のアプローチ

 

①脳の誤作動をブレインチューニング
②腹部(太陽神経叢)の緊張の改善
③頚部(星状神経節)の緊張の改善

 

ますぎ鍼灸院では、「ブレインチューニング」という脳の誤作動を正常化させる施術法と手技施術を組み合わせた独自の施術法を行います。

 

パニック障害は、脳の特定の領域が過剰に反応することによって引き起こされると考えられています。この過剰反応が「脳の誤作動」として認識され、これを改善することでパニック障害も改善されます。

 

脳の誤作動をチューニングするにはコツがあり、一人一人の状況に合わせて改善法をお伝えしていきます。

 

パニック障害の改善には、自律神経系のバランスを取り戻すことも重要です。特に、太陽神経叢と星状神経節の調整を行うことで、交感神経の過剰な活動を抑え、副交感神経の働きを促進することが可能です。

 

これにより、心身のリラックスが促され、パニック発作の頻度や強度が軽減されていきます。

キャンペーン

\HPからのご予約に限り/

男性不妊症・自律神経症状を改善

鍼灸施術

初回 7,000円(税込)
※通常は所見料2,000円+施術料金7,000円

毎月、先着5名様限定。

→今月、残り3名様

ご予約時に「HP見た」とお声かけください。

 

2回目以降 7,000円(税込)

ますぎ鍼灸院