【パニック障害】潜在意識と顕在意識

パニック症状に対する潜在意識と顕在意識の理解は、改善において重要です。

潜在意識と顕在意識は心理学の基本概念であり

それぞれがどのようにパニック症状に影響を与えるかを理解することで

効果的な対処法を見つけることができます。

 

潜在意識と顕在意識の理解

 

顕在意識: 私たちが自覚している意識の部分で、論理的な思考、計画、意思決定などが行われます。

パニック発作の際には、「なぜこんなに不安なのか」「どうすれば落ち着けるのか」などの考えが顕在意識に浮かびます。

 

潜在意識: 自覚していない意識の部分で、過去の経験、感情、記憶、習慣などが蓄積されています。

パニック発作の根底には、潜在意識に埋め込まれたトラウマや未解決の感情が影響していることが多いです。

 

潜在意識と顕在意識の関係

 

パニック発作は、しばしば潜在意識にある恐怖や不安がトリガーとなって、顕在意識に現れるものです。

例えば、特定の状況や場所が過去のトラウマを思い起こさせ、それが潜在意識からの強い不安として顕在意識に現れることがあります。

 

パニック症状の改善方法

 

1. 潜在意識にアクセスする

 

深層心理療法: 精神分析や夢分析を通じて、潜在意識に埋もれたトラウマや未解決の感情を掘り起こし、意識化する。

 

催眠療法: 催眠状態で潜在意識にアクセスし、恐怖や不安の根本原因を探る。

 

2. 顕在意識での対処法

 

認知行動療法 (CBT): 上記で述べたように、顕在意識における否定的な思考パターンを認識し、現実的かつ前向きな思考に変える。

 

リラクゼーション技法: 深呼吸、瞑想、漸進的筋弛緩法など、顕在意識で行えるリラクゼーション技術を習得し、発作時の対処に役立てる。

 

3. 日常生活での実践

 

マインドフルネス: 現在の瞬間に意識を集中させることで、過去のトラウマや未来の不安にとらわれず、心の平静を保つ。

 

ポジティブ自己対話: 自己肯定的な言葉を使って自分を励まし、否定的な思考を打ち消す。

 

記録と反省: パニック発作の状況や引き金を記録し、それに対する感情や思考を分析することで、潜在意識からのメッセージを理解する。

 

4. 専門的な支援

 

心理療法士や精神科医のサポート: 専門家のアドバイスを受けながら、自分に合った改善法を見つける。

 

サポートグループ: 同じような経験を持つ人々と情報や体験を共有し、支え合う。

まとめ

パニック症状を改善するためには、潜在意識と顕在意識の両方に働きかけるアプローチが有効です。顕在意識での認知行動療法やリラクゼーション技術に加え、潜在意識にアクセスするための深層心理療法や催眠療法も検討すると良いでしょう。日常生活においては、マインドフルネスやポジティブ自己対話などの実践を通じて、心の健康を維持することが重要です。

当院のパニック障害に対する施術

一人一人の症状に合わせた「ブレインチューニング」と腹部・頚部を緩める「自律神経の調整」でパニック障害を改善していきます。

 

パニック障害を改善する当院のアプローチ

 

①脳の誤作動をブレインチューニング
②腹部(太陽神経叢)の緊張の改善
③頚部(星状神経節)の緊張の改善

 

ますぎ鍼灸院では、「ブレインチューニング」という脳の誤作動を正常化させる施術法と手技施術を組み合わせた独自の施術法を行います。

 

パニック障害は、脳の特定の領域が過剰に反応することによって引き起こされると考えられています。この過剰反応が「脳の誤作動」として認識され、これを改善することでパニック障害も改善されます。

 

脳の誤作動をチューニングするにはコツがあり、一人一人の状況に合わせて改善法をお伝えしていきます。

 

パニック障害の改善には、自律神経系のバランスを取り戻すことも重要です。特に、太陽神経叢と星状神経節の調整を行うことで、交感神経の過剰な活動を抑え、副交感神経の働きを促進することが可能です。

 

これにより、心身のリラックスが促され、パニック発作の頻度や強度が軽減されていきます。

キャンペーン

\HPからのご予約に限り/

男性不妊症・自律神経症状を改善

鍼灸施術

初回 7,000円(税込)
※通常は所見料2,000円+施術料金7,000円

毎月、先着5名様限定。

→今月、残り3名様

ご予約時に「HP見た」とお声かけください。

 

2回目以降 7,000円(税込)

ますぎ鍼灸院