【パニック障害】認知行動療法について

認知行動療法 (CBT: Cognitive Behavioral Therapy) は、パニック障害を改善するために非常に効果的な心理療法の一つです。

CBTは、思考、感情、行動の相互関係に焦点を当て、否定的な思考パターンや不適応な行動を変えることで、症状の改善を図ります。

以下に、CBTの主要な要素と具体的な手法を紹介します。

 

1. 認知再構成

 

目的: 否定的な思考や非現実的な信念を特定し、それを現実的かつ前向きな思考に置き換える。

 

手法:

・思考記録: パニック発作時の考えや感情を記録し、それがどれほど現実的かを評価する。

 

・認知的歪みの修正: 全か無かの思考、過度の一般化、災害的思考などの認知的歪みを修正する。

 

2. 暴露療法

 

目的: 恐怖や不安を引き起こす状況に徐々に慣れることで、恐怖反応を弱める。

 

手法:

・想像暴露: 心の中で恐怖を引き起こす状況を詳細に思い浮かべる。

 

・現実暴露: 実際の状況に段階的に直面する。例えば、混雑した場所や高所などの恐怖を引き起こす場所に少しずつ行く。

 

3. スキル訓練

 

目的: 不安やストレスを管理するための具体的な技術を学ぶ。

 

手法:

・リラクゼーション技法: 深呼吸、漸進的筋弛緩法、瞑想など。

 

・問題解決スキル: 問題を小さなステップに分解し、解決策を見つける方法を学ぶ。

 

4. セッションの構造

 

評価と目標設定: 初回のセッションで患者の状況を評価し、具体的な目標を設定する。

 

段階的アプローチ: 小さなステップから始めて徐々に難易度を上げる。

 

フィードバックと再評価: 定期的に進捗を評価し、必要に応じてアプローチを修正する。

 

5. 家庭での練習

 

宿題: セッション外での実践を通じて学んだ技術を日常生活に取り入れる。

 

セルフモニタリング: 自己観察を通じて進捗を記録し、次回のセッションでセラピストと共有する。

 

6. 継続的なサポート

 

フォローアップセッション: 回復した後も定期的にセラピストと連絡を取り、進捗を確認する。

 

CBTは、科学的に実証された方法であり、パニック障害の改善において多くの人々に効果をもたらしています。

セラピストとの信頼関係を築きながら、積極的に施術に取り組むことが重要です。

当院のパニック障害に対する施術

一人一人の症状に合わせた「ブレインチューニング」と腹部・頚部を緩める「自律神経の調整」でパニック障害を改善していきます。

 

パニック障害を改善する当院のアプローチ

 

①脳の誤作動をブレインチューニング
②腹部(太陽神経叢)の緊張の改善
③頚部(星状神経節)の緊張の改善

 

ますぎ鍼灸院では、「ブレインチューニング」という脳の誤作動を正常化させる施術法と手技施術を組み合わせた独自の施術法を行います。

 

パニック障害は、脳の特定の領域が過剰に反応することによって引き起こされると考えられています。この過剰反応が「脳の誤作動」として認識され、これを改善することでパニック障害も改善されます。

 

脳の誤作動をチューニングするにはコツがあり、一人一人の状況に合わせて改善法をお伝えしていきます。

 

パニック障害の改善には、自律神経系のバランスを取り戻すことも重要です。特に、太陽神経叢と星状神経節の調整を行うことで、交感神経の過剰な活動を抑え、副交感神経の働きを促進することが可能です。

 

これにより、心身のリラックスが促され、パニック発作の頻度や強度が軽減されていきます。

キャンペーン

\HPからのご予約に限り/

男性不妊症・自律神経症状を改善

鍼灸施術

初回 7,000円(税込)
※通常は所見料2,000円+施術料金7,000円

毎月、先着5名様限定。

→今月、残り3名様

ご予約時に「HP見た」とお声かけください。

 

2回目以降 7,000円(税込)

ますぎ鍼灸院